カーセックスが好きです。 

あの狭い空間がたまらない。 

助手席では、私が上になって、彼に乳首や首筋を舐められながらイクのがいいです。 

後部座席では、イスに座った状態のような格好で、クリをペロペロされたり、摘まれたりした挙句に挿入されるとすぐに昇天です。 

ドライブ中、彼が私の乳首とか、マンコを弄っていました。 

「声を出したらだめだし、感じた顔もだめだよ」 

彼に命じられ、挙句にローターをクリに当ててグリグリされました。 

「ハァハァァ・・・」と声が漏れてしまいます。 

私のマンコは、もうこれでもかってほど濡れ濡れで、パンティもぐっしょり湿ってしまいました。 

「声を出してはだめだって言ったのにね」 

彼は意地悪く笑うと、ハンドルを切りドライブウェイから外れて山道に入って行きました。 

彼は木が多く茂る所に車を停車すると、「俺もビンビンになっちゃったよ」と私のブラウスのボタンを外し、私にキスしながら手を入れて胸を揉んできました。 

「あぁ・・・っハァハァ」 

助手席に座っている私は、狭い空間で体をよじらせました。 

彼は、ブラジャーだけを外すように要求しました。 

ブラウスだけになった胸部は、乳首が薄っすらと透け、立っている状態もわかってしまうほどでした。 

彼はブラウスの布越しに乳首と乳房を優しく強く撫で回してきます。 

「・・・いやらしいな」 

摩擦の微妙な感じと、彼の手の動きに素直に私も感じました。 

「あっはぁんっ・・・ぁっああんっ」 

手は休めないまま、布の上から乳首を唇で捕まえられました。 

くちゅくちゅ・・・。 

彼の舌や唇や歯が、私の乳首を捉えて離しません。 

ブラウスの乳首の部分だけが、唾液で濡れて透け透けになってしまっていました。 

「ぁぁっねぇ・・感じるよ、すごく・・」 

「うん、分かってるよ」 

彼はスカートを捲り、手を私の股間に伸ばしました。 

ぐちゅ・・・くちゅ・・・。 

「やっぱり、すごい」 

また意地悪そうに笑うと、パンティのレースの上から割れ目を指で優しくなぞってきました。 

「ぁぁっぁっぁん・・・ぁ」 

自分の指や舌の動きにあわせて私が喘ぐのを楽しんでいるようでした。 

執拗に布越しに胸を揉み、乳首を舐め、パンティの上から割れ目をなぞり、クリをみつけ、刺激していました。 

助手席の狭い空間で体をくねらせ、ビクビク感じる私。 

そのうちパンティをずらし、彼の指が生でマンコに触ってきました。 

「はぁ・・・んぁあ・・・」 

ずっと直接触って欲しくてたまらなかった私は、ため息のような声を出してしまいました。 

親指で皮を剥き、濡れたクリを人差し指で円を描くように愛撫されました。 

中指は、割れ目に沿ってゆっくり動き、マンコの穴に入るか入らないかのところでまた上に上がって・・・ヒクヒクしてるのを楽しんでいるようでした。 

彼は私の汗をすするように、額から首筋にかけて、鎖骨から乳首、脇にいたるまで柔らかい唇と舌で愛撫し続けていました。 

「ぁっぁっはぁっあんっ・・・もう入れて欲しいの・・・」 

「まだだめだよ、俺のチンポをしゃぶってくれたら、今度はマンコを舐めなきゃ」 

彼は、自分のズボンとパンツを脱ぎ、いきり立って血管の浮き出たチンポを握りながら、ニコニコして私に言いました。 

私は、彼のチンポにキスをし、舌でペロペロと優しく舐め舐めしました。 

カリ首を舌でなぞり、裏筋に沿って舌を上下に動かしました。 

玉を手で愛撫しながら、彼のチンポを口に咥えてゆっくりと頭を動かすと、ドクンドクンと血管が脈打つのが舌に伝わってきました。 

舌と唇を使って丁寧に愛撫し、口から一度抜いて、また咥え、今度は激しく愛撫・・・。 

彼のチンポの先から、ぬらぬらと液が出てきました。 

「右脚を俺の肩において」 

彼の言う通りに右脚を肩におくと、彼は、私の股間に顔をうずめてクンニし始めました。 

舌の先を尖らせて、クリをつんつんっつんつんしてきます。 

「ぁんっぁぁっはぁっあんぁ・・・」 

尖った舌の先でぐるんっと円を書くようにクリを一周します。 

そして、またつんつんして、ペロペロと当たるか当たらないかの位置で舌を動かしました。 

彼の興奮した熱い息がクリとマンコに当たるだけで私の体は疼き、腰がくねり、いやらしい声を出しました。 

「ぁあぁんっぃやっぃ・・・ぁ・・・ぁんっぁぁっはぁんっ」 

次は大きく舌全体で、マンコをべろんべろんと舐めてきました。 

「はぁっはぁ、おいしいよ、もっと感じていいよ」 

そう言うと、片手でブラウスのボタンを全部外し、おっぱいをもみもみし、人差し指と親指で乳首をきゅっきゅっと触ってきました。 

そしてもう片方の手の親指と人差し指でクリを摘み、マンコの穴に舌を・・・。 

ぐちゅくちゅくちゅっちゅっペロペロ。 

「はぁんっ・・ぁっぁぁあんあんっあんっああんっっぁ、もう入れて」 

私たちは後部座席に移動しました。 

座位になり、私は彼の上に座りました。 

彼のチンポの先に私のマンコを当て、ずっずずずっとカリの部分まで入れ、上下にゆっくりと動かします。 

「ぁぁっあ・・・くちゅくちゅっていってるの聞こえる?」 

「聞こえるよ・・・いやらしいね」 

「ぁんっあっあぁん」 

彼は、私の腰を持って下から突き上げてきました。 

「ぁぁんっぁぁああっぁっぁっぁっ」 

頭のてっぺんまで電気が走る感覚・・・。 

彼は目の前にある私の乳首に吸い付き、下からガンガン突き上げながら、ペロペロと攻めてきます。 

「ぁっぁっぁっ・・イクッイキそうっ、中でっ」 

私がそう叫ぶと、彼はそのまま正常位になり、くっちゅくちっゅぐっちゅぐっちゅ、と激しく腰を動かしました。

「ぁんっああんぁんあんっぁぁあんぃやぁっ・・・イク」 

「俺も・・・ぅっぅっ・・・」 

彼の熱い精液が奥まで注ぎ込まれます。 

体がじんじんして、動けないままぐったりしてると、彼が私のマンコを眺めていました。 

「・・・何してんのぅ・・?」 

「充血して膨らんでるマンコから、俺の精液が垂れてきてる・・・興奮するな」 

そう言って、またクリをペロペロしてきました。 

「・・・ぁあっぁん、もうだめ・・・やめてぇ・・・ぁんぁ・っ」 

「やめてって言いながらヒクヒクしてるぞ」 

「はぁんっあっあああんあんっあんっぁあっ・・許して・・・」 

私がお願いすると、彼はクリ攻めをやめ、優しく唇にキスをしてぎゅっと抱き締めてくれました。 

後にも先にも、こんなに感じたセックスはなかったかも・・・。