夏、女友達3人と2泊3日で海へ行きました。その時の出来事です。長旅の疲れで、ホテルに着くなり私は友達に「少し横になってるから、遊んでおいでよ」と、少し仮眠をとりました。1時間くらい寝たでしょうか、目が覚めると気だるい感じで、その気だるさが手伝ってか、下半身が少し疼く感じがして、自然に手がパンティーの上からなぞってました。

 でも、友達が戻ってこないか気になり、ちょうど窓からビーチが見えるので、探しながら窓際に立ったまま、手は股間をこすり続けていました。旅の開放感や、窓際というシュチュエーションが、私の興奮を高めていってしまい、まったく違う自分に驚きながらも、その場で服を脱ぎ始めました。5階の部屋で、窓際だと見えてしまうかも、サッシの外には立て格子の手摺があるだけ砂浜が見渡せました。

☆おすすめ記事☆
【衝撃】性欲が凄い奴らの ”5Pセッ●ス” クソワロタwww(動画あり)

【衝撃映像】嫁が知らない男にマ●コ舐められてる… ⇒ 今から突入

【女性器切除】女の子にとってコンプレックス 伸びたビラビラ(小陰唇)を切断する美容整形手術

友達がやばい状況。お互い既婚者で2人旅行中、ナンパしてきた男性達と浮気。友人は妊娠したwww

【素人ハ●撮り画像】臨場感が尋常じゃない!!これが素人のプライベートセ●クス…ネット掲示板に投稿された本物素人の生セ●クスwww

管理人 オキニバイブ




 異常な興奮で胸がドキドキして、脱ぐ手が震えていました。乳首が触りもしないのに、ツンとなってこんな興奮は始めてでした。裸で窓際に立ち、右手で股間を左手で胸をやさしく揉みはじめ、胸の鼓動がどんどん大きくなりました。すでに指先はグッショリと私の蜜を受け止めていました。「あっぁぁ」窓際で口を半開きにさせながら喘いでしまい、頭の中が白くボーっとなっていきました。

 ただ、誰か見てるんじゃと、不安と共に興味も沸いてきて、薄く目を開けビーチを見回します。すると海に向かって座ってる高校生ぐらいの男の子がこちらを振り返っていました。一瞬ドキッっと身を伏せかけました「まさか」でも胸の鼓動はなおさら大きくなり、見られたかもというドキドキが性的興奮に変わっていました。

 そこからの私の行動は今でも信じられません。ふたたび窓際に身を立て…目を閉じました。頭の中にはさっきの彼の姿が焼きついています。もぅ、止まりませんでした。興奮が私を包んでいました。両手で胸を激しく揉みしだき指先で乳首をつねりあげ、脳裏の彼に見せるように、太ももに熱く流れ落ちるものを感じ背筋がゾクゾクしました。


「はぁぃや、あたし」もぅ、目は開けられませんでした。このままこの初めての興奮を頂点まで感じたかったのです。窓ガラスに左手をつき右手を股間に体がくの字になっていきます。なんなく2本の指が私に入ってしまいました。窓ガラスが指先で、キュ、キュッ、と鳴きだします。だんだんと顎が上を向いていき、おそらくすごい恍惚の表情で、快感の世界にはまり込んでいきました。

 指の動きが激しくなると同時に体が自然にくねりだして喘ぎ声と、ガラスをひっかく音、股間のいやらしい音が交差して、いつの間にか脳裏からは彼の姿はなく、ただ白く濁っていきます。もぅ逝くしか私は止まりませんでした…その窓際で、指は自然に私の中の一番感じるところをひっかいていました。

 後で考えると、おそらくすごい声をあげていたでしょう。太ももをトロトロつたわっていきます。あんな濡れ方も初めてでした。手首でクリを押し付けながら、その時が迫ってきます。信じられないほどのゾクゾクが体を走っていきます。そのゾクゾクがたまりませんでした。指の動きが自然と焦らし始めます。そのひと時の快感をもっと楽しむためにもぅ、理性や羞恥心はまったくありませんでした。


 ただ快感だけの為に体が自然に動いていきます。脚がガクガク震えだしもぅ、我慢できない状態に、頬をガラスに押し付け息でガラスがくもっていき体中が震えだしました。一瞬でした、意識がとうのいて、ガラスを手と顔でひっかきながら崩れ落ちました。逝く瞬間に、右手に熱くほとばしるものを感じました。3~4分意識がはっきりしないいまま横たわっていました。

 気がつくと足元が冷たかったんです。私の出したもので初めてでした。こんな濡れ方も潮を吹いたのも、口のまわりがほんのりくもります。そこまで描写できなくてごめんなさい。この旅行には続きがあります。どんどん私はおかしくなっていったのです。普通のセックスにはない興奮を求めてしまうようになりました。

 その夜は、友達と楽しくお酒を飲んだり、いろいろおしゃべりをして遅くまで起きていました。でも私は昼間の衝撃が頭から離れず、アルコールも手伝ってか、友達としゃべっていても、下着を濡らしているのがわかりました。寝る前にもう一度したくなっていました。でも3人で1部屋なので、部屋ではできません。夜中の2時ぐらいに「もぅねよっか」ということになったんです。

 私は心の中で(そうだ、露天風呂に行こう)と思いつきました。友達2人は結構飲んでいたので、もぅお風呂には行かないだろうと、私は軽い口調で「寝る前にお風呂つかってくるよ」と言い友達も「気をつけてね、先に寝てるよ」と言ってくれました。お風呂までの道のりで鼓動が少しづつ大きくなっていきます。エレベーターでも軽く目を閉じてみたり、自然とそんな反応が出るようです。


 やはり夜も遅いせいか人に会うことも無く、露天風呂ののれんをくぐりました。鼓動が高鳴ってきて、まず人が入っていないかあたりを見回します。どの脱衣かごにも衣服はなく私1人でした。途端に安堵と自由な開放感が湧き出してきました。ゆっくり服を脱ぎ始め、裸になっていきます。下着はやはりその部分がグッショリと濡れていました。椅子が3つ並んだ洗面所に大きな鏡がありました。

 前に立って自分の裸体を映します。頭の中に昼間の事を思い浮かべます。タオルをそこに置き、両手で胸をやさしく包みます。この姿を窓の向こうに見せていたんだ昼間、自分のやっていた事を鏡の前で始めていきます。顔が赤らんでくるのが鏡に自分でもわかりました。胸を揉みながら、自分のいやらしい顔を見つめます。自分のこんな姿を自分で見るなんて恥じらいもありましたが、興奮を抑えることはできません。

 股間に手をやろうとすると椅子が手に触れました。目の前の椅子には低い背もたれがついていて、パイプでできていました。高さがちょうど股間のあたり、鏡越しに私の陰毛をパイプが隠していました。私は自然にその椅子を横に向けました。右足をそっとあげ、そのパイプを跨ぐように椅子の上に右足の膝をつきます。顔をあげ、そんな姿を鏡で見ます。

 再び両手で胸を揉み始めます。乳首も刺激しながら興奮を高めていきます。私の身体は、昼間のような過度の興奮を求めているようでした。パイプを跨いで、今からすることをもっと興奮を高めてからそんな気持ちでした。股間をパイプには触れさせず、焦らすように胸だけを刺激し続けました。背中が汗ばんでくるのがわかりました。鏡には目をトロンとさせ、半開きの口の顔が映っています。


「ぁ、ぁ、ん」声が響いてしまいそうで、声を押し殺し、小さく喘いでいました。股間が疼きはじめました。股間から胸へとだんだんとこみあがってきます。ゆっくりと腰を落としていきます。少し前かがみになり、最初はクリをパイプにあてるように「ひっ、ぅ、」パイプの冷たさがクリに伝わりました。クリだけを触れさせながら、腰をゆっくり前後に動かします。

 渇いたパイプの摩擦から、徐々になめらかな摩擦へと変わっていきます。とても優しい快感でした、パイプの上を私の硬くなったクリが転がっています。胸を突き出すように揉みしだきます。鏡の下のほうでうごめく自分の股間を見ながら興奮しました。まるでアダルトビデオを見てるかのような指先でヒダを広げて、腰を沈めパイプを食い込ませていきます。

「はぁ、ぁぁ、」自分の股間がパイプを咥えているようでした。冷たい感触が背筋を走り…鼓動が激しくなっていきます。その時にはもぅ、誰か来るんじゃないかという事は忘れていました。腰をゆっくりと前後させながら、摩擦の快感に浸っていました。目の前の洗顔ソープを手にたっぷり取り、固くなった乳首に塗りつけます。

 乳首の先からビンビンと電気が頭に突き抜けました。薄目でしか自分の姿を見れないほど、快感がせまってきます。股間からは、クチュクチュといやらしい音がどんどんお汁が溢れてきてるようです。左手が洗面台の角を握ります。腰の動きがどんどん早まっていき乳首を弄ぶ手も激しくなりました。


「はぁっ、ぁぁ、ぁぅ、はぁ」押し殺しながらも声が出てしまいます。汗が玉になって、胸元から滑り落ちます。絶頂が近づいてきました。鏡を見ると髪を振り乱し、すごいかっこうで恍惚の表情をした自分がいました。鏡の中の自分と見つめあいながらその時を迎えます。「ぁ、ぁぁっぁぁ、はぁぁっ!」グチュグチュとすごい音が聞こえるほど、激しく腰を振っていました。

 次の瞬間、ガクガクと身体が震え洗面台に崩れ伏せました。パイプにはべっとりと私のものが、床には滴が数滴落ちていました。この旅行で、私はまだいくつか恥ずかしい事をしました。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット