私は息子の友達に犯されました。まだ15歳の子どもに・・・。

あの日は雨が激しく降ってました。

買い物に行く時は晴れてたので傘も持たず出かけました。

スーパーを出て家路につくと、突然大粒の雨が降り出しました。

私の頭の中は洗濯物でいっぱいでした。

街中を走り、自宅にもう少しという所で息子の友達のK君にぶつかってしまい、2人とも雨の路面で転んでしまいました。

私はお尻をつき、彼はひっくり返ってまい、彼の服は路面の水溜まりでぐしょりと濡れてしまいました。

私は息子の友達だし、ジャージでも貸してあげようと彼を家に連れて入りました。

☆おすすめ記事☆



玄関に通し、彼にシャワーを浴びるように風呂場に連れていきました。

彼がシャワーを浴びてる間に彼の着替えを整え、ノックもせずに脱衣所のドアを開けてしまったのです。

彼はちょうど風呂場から出てきて、真正面から彼の全裸を見てしまったのです。

「ごめんね、着替えよ」

と置いて出ていこうとしました。




「おばさんもビショビショだからすぐ浴びたら?」

「後でね」

「今脱いだ方がいいよ、風邪引くよ」

彼は私のブラウスに手をかけてきました。

驚いて手をほどこうとすると、私の手を彼のイチモツに押し当てたのです。

「おばさんのこと好きだったんだ」

「困るわ」

彼は握らせた私の手の上に手を重ね、イチモツをしごき始めました。

顔を背けるといきなり胸に手をかけてきて、彼と私の手の動きが激しくなり、胸を揉む力も強くなってきました。

「おばさん・・・」

彼は私のブラウスのボタンをいつの間にか外して、ブラの上から揉んできました。

その瞬間、彼がうめいたと思ったら私のスカートにたっぷり射精をしたのです。

私の手の中で彼のものがしぼんでいきます。その時、私は我に返りました。

彼の手は胸を掴んだままでした。

急に恐くなり、立ちすくんでしまいました。

私が震え始めたのを見て、彼が

「早くシャワー浴びないから・・・」

と服を一枚ずつ脱がしていきます。

裸にされ、風呂場で熱いシャワーを頭から掛けられました。

彼はタオルに石鹸をつけると私の体を丹念に洗ってくれました。

いつの間にか私は裸のまま自分の部屋のベットの上で、何度も何度も彼の挿入を受けてました。

風呂場で気を失ったらしいのです。

彼はこの日、私に4回射精をしたそうです。

夕方息子が帰ってきた時も私はベットの中で裸で、何も考えられず天井を見つめてました。

次の日も学校があるにも関わらず彼は家に来ました。

「帰って!」

と言うとブラを見せつけました。

玄関に通すといきなり彼は全裸になり、私にフェラを命じました。

玄関で私は下着だけの姿にされ、跪いて彼のものを口に入れました。

少し尿の匂いがして嫌でしたが逆らえません。

彼は乱暴に私の口の中で暴れると勢いよく射精しました。

口をすすぐように命じられ、台所で口をすすぎました。

流しに手をつき、お尻を突き出せと言われ、言う通りにするとパンティーの上からあそこをぐりぐりと責められました。

そしてパンティーを少し引っ張り、あそこが見えると彼は後ろから挿入してきました。

下着を脱がされず、挿入され私は正直興奮してしまい、腰を彼の動きに合わせるように振ってしまったのです。

彼は突き上げながら私の顔を後ろに向かせるとディープキスをしてきました。

私も彼の舌に舌を絡めてしまいました。

彼の両手が激しく胸を揉み、腰が機械のように強く突いてきます。

私は声を上げてしまったのです。

40過ぎの主婦が中学生にいかされてしまったのです。

彼はその後、1時間くらいずーと私にキスをしてました。

ブラはつけたままパンティーは脱がされ、キスしながらあそこをずっと弄られてました。

舌で唇、はぐき、歯の裏、そしてディープキスと唇が腫れるかと思うくらい口付けを受けてました。

命じられるまま彼の股間に顔をうずめると、彼も私の股間に顔を埋めてきました。

舌であそこもアナルも舐められ、私は彼のものを必死で舐め続け、また口に射精されました。

今度は全部飲めと言われ、やっとの思いで飲みました。

その後は階段でトイレで家の中のあらゆるところで彼に犯され続けました。

そして、何度かこういう関係が続きました。

家に来られると近所の目があるからと言うと、近くの河原にある廃屋で抱かれる事が多くなりました。

彼が持ちこんだ毛布だけの敷物の上で全裸にされ、彼の欲望を受け止めるのです。

鍵が掛からない小屋なのでいつも早く終わってと願いながら抱かれてました。

そしてついに心配は現実の物となったのです。

昼下がりに全裸で彼の挿入を受けてる時、小屋のドアが不意に開いて、2人の作業員風の男たちが入ってきたのです。

「昼間っから若い男連れこんでえーことしとんな」

「見ててやるから気にせず続けな」

彼は私の横にあった自分の服を着ると、黙って全裸の私を置いて出て行ったのです。

2人の男は近づいてきて私の体を触り、そして散々弄んで、挙句の果てに私の下着を持ち去ってしまったのです。

そしてその男たちの仲間がまた2人入ってきて、私を犯してきました。

気を失うとペットボトルの水をかけられ、口にあそこにたっぷり精液を残して出ていきました。

その様子を見たのか、K君が入ってきました。

事の次第を全て見てて興奮したのか、いきなり挿入してきました。

今まで何度も挿入を受けましたが一番激しい挿入でした。

事が終わり、K君は出ていきました。

私はよろめきながらなんとか服を着て小屋を出ると、外はすっかり夕方でした。

この日を最後にK君は私の前から姿を消しました。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット