私は、アパレル関係の仕事をしている21歳です。

宇多田ヒカルにちょっと似てるって言われますが、

自分では中の上ぐらいかな、と思います。

彼氏は過去に1人だけいたけど、

現在ロンリーです。

そんな私の趣味は「痴女」です。

きっかけは、通勤電車の中でした。

☆おすすめ記事☆


小学校高学年の、私よりちょっと背の低い、

羽生君風のかわいいルックスで、

半ズボンの制服、ランドセルで、

私に向かいあわせな感じでその子は乗ってきました。

男の子もランドセルを下したそうでしたが、

満員電車で身動きがとれませんでした。

しばらくボーっと乗っていましたが、右手の甲に、

なにか固いものが当たっているのに気づき、

その感触は、なにかすぐわかってしまいました。

「え?勃起してる?」とドキドキしました。

さりげなく指の関節で、ツンツン押したり、

下からなぞったりしてみました。

男の子は目をぎゅーっと瞑り、

恥ずかしさに耐えているようで、

それをみてキュン、となってしまいました。

今度は、手のひらで、包み込むように押し当て、

やさしく揉んであげました。

ズボンの中でパンパンに膨れあがった状態のペニ○を、

小刻みに振動したり、手首を軸に、

グイグイ押したりしました。

男の子の太ももがぴくぴくしているのを感じました。

停車駅で、乗客が乗り降りしましたが、

私と男の子は乗ったままで、

男の子はランドセルを自分の胸に

抱きかかえるようにかけ直しました。

おそらく人に自分のズボンを見られたくなかったのでしょう。

けれど、私の右手に自分から、

ズボンの前を差し出してきました。

私は、「こんな子でも射精するのかな?」と、

興味津々で、チャックをおろし、




ブリーフの中をまさぐり、

先っちょを無理やり引っ張りだしました。

ランドセルがカバーになって、誰にも見えませんが、

もし、発見されたら・・・とスリル満点でした。

男の子は包茎でした。

スベスベの肌のペニ○の先は、

ビチャビチャに濡れていました。

私は、ゆっくり亀頭を剥いてあげました。

先っちょしか出していないので、

手探りでするのは難しかったです。

プリプリの亀頭を、触るか触らないかのタッチで

撫でたり、ネイルで軽く引っ掻いたり、

ヌルヌルを利用して尿道をこねたりする度に、

うなされるような声をちょっとあげるのに、

私も興奮してきて、指でリングを作って、

最後のシゴキに入りました。

でも、精子が服にかかったら嫌だな、

とも思っていました。

男の子が、顔を紅潮させてのぼりつめそうになり、

腰をグワングワン前後に揺らしはじめました。

必死に車内で射精をこらえようと、

頑張っているのかな、と思いました。

その動きで、ペニ○の先はズボンの中に入ってしまい、

男の子はその後動かなくなり、

涙目で見つめてきて、イッチャッたなと思いました。

男の子は次の駅で降りました。

ちょっとカワイソかな。

その日はちょっと早めに出てきていて、

私は電車を降りるなりトイレに駆け込み、

男の子のペニ○のエッチな汁の匂いを、

嗅ぎながらオナニーをして、2回イキ、

そして普段通り出勤しました。

それから通勤電車ではその子には会っていませんし、

会ってもできないと思います。

でも、暇な時は街で物色し、

数人の男の子をイカセてあげているのですが、

それはまたの機会に。


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット