K美とは美容専門学校で知り合い、お互い何か惹かれるものがあったのか、付き合う事になった。
以前から元彼とのエッチ話を聞かされていて、あっさりチャンスはやってきた。

初めて彼女の家に行って俺はやる気マンマンだった。
キスをしながら小さな胸を弄った。
Aカップぐらいの小さな胸。
乳首を指や舌で転がし、パンツの中に手を入れるとすっかり濡れていて、パンツを下ろし、俺はゴムをつけてオマンコに入れかかった。
が、しかし、キツキツのマンコで中に入らない。
強引に入れようとすると彼女が痛がった。

「力抜けよ」

☆おすすめ記事☆


ガチガチに緊張していたのはK美だ。
そのまま何とか奥まで入れこんだ。
付き合う前に、最後まで出来なかった元彼の話を聞いていたし、K美は気にしていた。
確かに小さなオマンコだ。
でも、もう入っている。
止める訳にはいかない。
奥までのピストンを繰り返す。
ただ、あまりに辛そうで痛そう。
俺はチンポを引き抜いて、止めてしまった。
K美に聞いてみた。

「大丈夫?」

「うん痛かったけど、おしっこ出そうになった」

それから2回ぐらいセックスごっこみたいなもんをやった。
K美も痛くなくなってからは毎日ヤッてた。
俺が風邪引いて熱がある時も、K美が生理の時も。
嫌とは言わない女だった。
中出しも。
俺の間違った知識のせいで(笑)
生理日の前後一週間は妊娠しないと思い、出しまくった。
今から思えば無謀だw
不思議と妊娠しなかった。

フェラ調教、オナニー調教、ソフトSM、何でもやった。
それからK美はオナニーが大好きになった。
部屋の窓を全開でしたり、野外でしたり、K美は悶えまくっていた。

それから月日が経って学校卒業の時が来た。
K美は地元の美容室。
俺は東京の美容室。
携帯なんか無かった頃、会社の寮には電話もなく、公衆電話からばっかり電話してた。
そう、毎日ヤッてばかりの生活から、遠距離恋愛の始まりだった。

たしか上京して半年経ったある日、K美が東京に遊びに来た。
渋谷のラブホで半年ぶりのK美とのセックス。
貪るように朝までヤリまくり。
K美は潮を吹くようになっていた。
その時、何かおかしいなと感じ始めた。

その半年後、俺は会社の寮を出てアパートでのひとり暮らしが始まった。
電話を取り付け、K美とはテレホンセックス。
電話からはK美の悶え声。
相互オナニーが虚しかった。
一見ラブラブに見えるが、K美の淫乱さが止まらなくなってた。

「K美のオマンコぐちょぐちょ」
「俺君のチンポが欲しい」
「もう我慢出来ない」
「またイク」

テレホンセックスでイキまくるK美。
そのうち俺のアパートにK美がやってきた。
休暇を貰ったとのこと。
北海道からやって来た。
当然のようにベッドになだれ込み、久々のエッチ。
ゴムが無かったんで生でぶち込んだ。
さすがに中出しはマズい。
K美は何度もイキまくり潮も吹く。
俺はK美の腹にたっぷり出した。

その時、K美は、「何で外に出すのよう?」と。

(なんだ?)

そう、K美は結婚したがってた。
妊娠すれば結婚出来ると。
冗談じゃない。
まだぺーぺーの美容師なのに結婚なんて出来る訳ない。
K美の淫乱さが増して来てたし。
それから俺の方が急速に冷めてきた。
後で分かった事だが、K美は二股をかけていた。

それから間もなく別れが来たんだ。
K美は俺と別れて3ヶ月で違う男と結婚していた。

(なんだよ、結婚したかっただけか?)

軽い怒りはあったが、振ったのは俺だからしゃーないと思いつつ。
なんとK美は俺の地元の自宅そばに旦那と住んでいた。
帰郷して近所を散歩してる時、偶然バッタリ再会。

俺「おう」

K「久しぶりだね」

俺「結婚したんだってな」

K「・・・」

俺「お前の家でさ、お茶でも飲ませてよ」

K「いいよ」

悪戯心で言ってみたらすんなりと承諾された。
家に行くと2人暮らしなのに、2階建ての1軒屋。
田舎だから家賃も安い。

俺「毎晩この家でヤリまくりだな」

K「バカじゃない?」

俺「お前みたいなスケベな奴なら当然だわな」

K「・・・」

調子乗った俺は、「なあ、やろうぜ」と冗談半分で言った。
そして俺は立ち上がり、ベルトを外しパンツを下ろし、チンポを取り出した。

俺は「しゃぶってくれよ」と、K美に情けない格好で近付いた。

K美は跪き、俺のチンポをゆっくり舐め始めた。
強烈な快感だった。
以前よりかなり上手くなっている。
K美は、チロチロと先端を舐め、カリに吸い付きながら、軽く歯を使ってきた。
俺はK美の喉の奥にぶち込みたがったが、K美は焦らすように竿の根元から先端を行き来し、袋まで口に含み舌で転がす。
アナルにまで舌を這わせて来た。
後は強烈なディープスロート。
たまらずK美の口に発射。
俺の膝はガクガク。
今までで最高のフェラだった。
K美は量が多かったのかムセていた。
その後、K美と少し話した。

俺「子作りはしてるのか?」

K「毎日のように中出ししてるんだけど・・・1年経つけど出来ない」

俺「やっぱお前って出来にくい体質なんじゃない?」

K「そうかもしれない」

俺は生で中出しをしたくなっていたので、K美の腕を掴み2階へ上がった。
そこにはダブルベッドがあった。
K美をベッドに。
そして以前のように愛撫。
すぐにK美のオマンコはぐしょ濡れだった。

俺「お前、濡れやすいのは変わらないな」

K「いやあ」

即挿入してバンバン打ち付け、昔のようにバックから挿入。
近くの窓を開け思いっきり突いた。

K「恥ずかしいからやめてぇ」

俺「旦那はこんなことしてくれるか?」

K「あっあっあっあぁー」

また潮吹きだ。
毎晩このベッドで旦那とヤリまくっていると思うと腰の動きが強くなった。

俺「ほらほら『イク』って言えよ」

K「イク」

俺「何?聞こえねーよ」

K「イックゥー」

K美はピクピク痙攣し、俺はさっき出したばかりなのにドクドク中出しした。
しばらくしてから、ぐったりしているK美の腕を掴み1階に下りて来た。
AVみたいにキッチンでフェラ。
ねっとりした舌使いで俺のチンポも元気になり、K美をキッチンに手をつかせ、立ちバックで突き立てた。

「ダメぇ、立ってられない」とK美の足はガクガクしてる。

強く突きまくる。
チンポを抜き、床に倒して足を持ち上げ、また突きまくる。
K美の目が白目剥いてる。
俺も耐えきれず中出しした。
しばらく床で放心状態だった。

その後、K美にビールを貰い、2人で飲んだ。
その時に「明日も来るよ」と言うと、K美は躊躇することもなく「うん」と素直に返事をした。

だから次の日は、旦那が出勤するのを待って朝からヤリまくった。
ベッドの引き出しにバイブ発見。
ドレッサーにあったクリームをバイブに塗り付け、K美のアナルに入れた。
すると「痛い、痛いから止めてぇ」と言う。
どうやらここは未開発らしい。
ゆっくりバイブを出し入れしていた。
細いバイブだ。

俺「これ、アナル用じゃないのか?」

K美は「わかんない、使った事ないよ」と言う、旦那が密かに試そうとしてたのか?

バイブを抜き、俺はゴムを付けた。
クリームをたっぷり付けてK美のアナルにゆっくり挿入。
K美は声も出さないで耐えてるみたい。
余ってるオマンコに別のバイブを挿入。

K「私のが壊れちゃうよぉ」

その声を聞いて俺の動きも速くなり、イキそうになったところでチンポを引き抜いてゴムを外しK美の口へ。
最後の一滴まで口で吸い取らせた。

それから俺の休暇も終わり東京へ帰った。
毎年は帰郷出来ないが、帰ったら必ずK美とヤリまくっている。




他サイト超厳選PICKUP!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット