高校時代に水泳部に所属していた私は、毎年恒例の夏合宿に参加するため海近くの合宿所に3泊4日とまることになった。

水泳部といっても男子4人、女子3人の小さな部だったけど。

顧問の先生は夕方にみんなで食事をとると、買い物にでかけていった。
もちろん買い物だけではないみたいだけど、しばらくは帰ってこなかった。

海が近くにあるのに昼間は練習で泳げないし、遊泳は禁止されていた。

でも私たちはせっかく海が側にあるんだから泳ぎたかった。

☆おすすめ記事☆



そこで3人で相談して2日目に食事が終わって、顧問がいなくなった後合宿所を抜け出して海へ向かった。

綾と加奈子と私の3人は海へ着くと、誰もいない浜辺で競泳水着に着替えて海に入って泳いだ。

みんなお尻が半分以上さらけだしている超ハイレグのやつを着ていて、女の私からみても大胆な格好をしていた。

私も似たようなものだった。

プールと違って今なら男子の目を気にすることもない、競泳水着がお尻に食い込んだっておかまいなしに泳ぐのがこんなに気持ちいいものだとは思わなかった。

競泳水着を着るときは必ず練習か試合のどちらかだったので遊びで着るのはこれが始めてだった。

綾は突然水着を脱ぎ始め、腰あたりまで脱いで上半身胸をさらけだした。

加奈子もそれを見て脱ぎ始め、気持ちよさそうにはしゃいでいた。

綾だけは更にエスカレートしてゴーグルもキャップもとり、競泳水着も全部脱いで全裸になった。

「綾、誰か着たら恥ずかしいよ」と私が言うと「気持ちいいよ、あんたも全部脱いだら?」と綾は言った。

トップスイマーとして数々の成績を残している彼女たちは身体が締まっていて、高校生なのに大人みたいなエロちっくな身体に見えた。

遊んでいるのに夢中になっていたら、いつのまにか私たちの着替えが置いてある浜辺の近くに男4人がいて、こっちを見ていた。

両手に花火を持っていたから、ここでやるつもりだったのだろう。

綾はあわてて水につかり裸を隠したが、男の1人がこっちへ向かってきて「一緒に花火をやらない?」と話しかけてきた。

私たちは断ったけど、強引に誘ってきた。

そうこうしていたら、相手の1人が綾が脱ぎ捨てた競泳水着を見つけて「おいっ!あの姉ちゃん達の誰か、いま裸だぞ」「マジで?」「何やってんだよ。ここで・・」そう言って一斉に海へ入ってきて私たちに襲いかかった。

私は沖に逃げようとしたが、後から抱きつかれて胸を揉まれた。

その間他の2人のことはわからない。

「いやー」と抵抗する声だけが聞こえた。

私も抵抗したが、力ずくで浜辺まで連れて行かれて押し倒され、上から男がハアハア言いながら全身を触ってきた。

やめてっという願いも男には届かない。

水着の中に手を入れられ胸を揉まれ、あそこを手でいじられた。

「彼氏以外の男に抱かれるなんて」絶対嫌!!だから一生懸命抵抗した。

でも、慣れた手つきでグリグリされると、嫌でも刺激が走り、力が入らない。

競泳水着をずらされ、あそこを舐められると私はもう観念した。

抵抗をあきらめて、仰向けのまま横を向くと、近くで加奈子がよつんばいの体勢で後から抱きつかれて手マンされ、喘いでいた。

さらにその向こうを見ると「!?綾?」私は一瞬目を疑った。

「あああーイクーイクー」綾の声が聞こえてきた。

「綾?まさかあなた感じるの?」綾は裸で、男の上に乗り、自分から腰を振って喜んでいるように私には見えた。

そして男のいうがままによつんばいになって、後から抱きつかれて今度は後から攻められ、力を失ったような声で「もっと、もっと・・・してえ・・」トップスイマーでプライドの高い綾が、こんなことされて感じているなんて・・私には信じられない光景だった。

それに対して加奈子は抵抗を続けていた。

でも2人がかりで押さえつけられ、水着をずらされて強引に入れられた。

「いやっいやあ・・・抜いて・・」と懇願する加奈子。

「気持ちよくしてやるから、おとなしくしろっ!」上からのっかり首筋を舐めながら、ピストン運動で加奈子を犯し始めた。

「ああっああっ」男の動きにあわせて加奈子の声が聞こえる。

3分もヤラレ続けた加奈子は抵抗する力を失っている。

「気持ちいいーこのまま中だししてえー水泳やっているだけあって締まりがいいわ。この女・・」
「中でいいか?」
「・・・やめてえー・・お願い・・それだけは・・・」
「もうちょっと楽しもうよ。あんたも本当は気持ちいいんだろ。」
「こんなハイレグ水着着て・・他の男は黙ってないだろ?絶対あんたのこと想像してしこってるよ。」
「あんたもさあ、さっき半分水着脱いで泳いでたよなあ。
この格好するの本当は好きなんだろ、水着の食い込みに快感を感じるタイプじゃね?違う?」
それに対して加奈子は横に首を振った。

「じゃあさあ。あんたセックスしたのいつ?」
「・・・」
「じゃあオナニーは?週何回?」

「答えてくれないんだったら、あんたの中にだしちゃおうか・・どう?」
「いっいやあーお願い!!」
「じゃあ、初めて男とヤッたのいつか答えてよ。」
「・・・14のとき」
「誰と?」
「・・・高校の水泳部の先輩。お願いもうやめて・・」
「へえ?あんたもエロい体つきして・・やることやってんだ。」
「ちなみにさあ・・どこで?家?部室?」
「止めてください・・」
「言えよ、バコバコやって気持ちよかったんだろっ。
このままマンコの中にだしたら、子供できるぞっっ!!」

加奈子は半分泣きながら・・

「部の倉庫です。ぶっ・・部活後にしました・・・」

そのまま綾にも追及があり、綾も同じ頃に後輩とヤッていたそうです。

そのまま相手の名前まで言わされてて、私はそれを聞いてショックでした。

加奈子とセックスした先輩は、今合宿所にいます。

加奈子とできてたなんて知りませんでした。

しかもそいつは色々な女に手を出してヤッたという噂をきいてて、あの加奈子までが・・・信じられません。

誰かは教えてくれなかったけど、加奈子は男にすぐ振られたって聞いて、なんか引きずっているようだったので・・しかも、その人の競泳パンツのモッコリで自慰行為までしていたなんて・・・綾も週4くらいヤッているそうです。

告白させられた加奈子はそのまま顔に出され、私もバック→騎乗位と犯され、知らない男に何度もイかされてしまいました。

3人とも存分に犯され、満足した男は私たちの着ていた競泳水着に興味をもったようで、3人とも競泳水着を無理矢理脱がされてしまいそのまま男達に奪われてしまいました。

おそらくそれを使ってヤッているのでしょう。

でも私たちも実はその時のことを思い出して、時々オナニーしています。

本当は感じまくっていたなんて、あの時はいえませんでした。

女って本当はエロいです。

私を含めて・・・よい思いででした。



他サイト超厳選PICKUP!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット